平兼盛たんの

「忍ぶれど色にでにけりわが恋は

 ものや思ふと人の問ふまで」が元ネタでふ。

    

敦忠たんの

「逢ひみてののちの思ひにくらぶれば

昔はものを思わざりけり」が元ネタでふが…

「おつきあい」するといつの間にかにサイフが軽くなりまふ。

 

    

与謝野晶子たんの

「やわ肌のあつき血汐にふれも見で

 さびしからずや道を説く君」が元でふが

2012年各党揃って消費税率のアプをソッコー

決めやがたのでふ。

                     
   元ネタは本居宣長たんの

「しきしまの 大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」でふ。

「ぬばたま」は黒や夜、闇にくっつける決まり文句。

「アカ」の人の心の中は闇なのでふ。

朝日新聞の匂いがしまふ。

内ゲバとかテロで血塗られているのでふ。

 

    

言わずと知れた松尾芭蕉たんの

「五月雨をあつめて早し最上川」が元ネタでふが

パロディの句には解説いらないでふね。